総量規制により制約を受けるのは…。

ローンを組む時に、収入証明書を提出するよう義務づけているのは2007年改正の貸金業法です。だからこそ、消費者金融にてキャッシングする際は、収入証明書の提出が要されるわけなのです。カードローンの審査で確認されるところは、安定的な給料を得ているかどうかです。審査は年を追うごとにシビアさを増してきているようで、正社員でない人などは審査を通過できないケースがあります。収入がゼロの人については、総量規制の対象となっているローン会社からは、原則としてキャッシングすることはできません。したがって一介の主婦が借り入れできるのは、都銀や地銀などの銀行だけというのが実情なのです。カードローンの借り換えを行った時に多いのが、たくさんの借入先を一本化したことで安心してしまって、これまで以上に借金を繰り返し、結局借入総額が増えてしまったという失態の事例です。総量規制により制約を受けるのは、個人的事情によりお金を借り入れる場合です。従って、個人が仕事に使うお金として貸してもらうという時は、総量規制を考慮する必要がないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です